猫まみれ日記 Partⅱ

カテゴリ:サークル君( 16 )

天国のサークルくん、元気かな

サークルくんが亡くなって今日で丸一年。
出会ってから一年足らずで逝ってしまったけれど、いつもいつも思い出す。

享年一歳
c0017777_1010439.jpg


c0017777_1011364.jpg


c0017777_10111584.jpg

白血病キャリアだったサークルくんは、ミルキーとチャーリーの部屋で一緒に過ごしていた。
神経質な2匹が幼かったサークルくんをすんなり受け入れていたのも、不思議な気がする。あまり丈夫でなかった高齢の2匹が、病気もせず元気にしているのも彼が見守ってくれているんだろうと思っている。
[PR]
by yuzumelon | 2006-10-07 10:29 | サークル君

月命日

熱も大分下がった。
まだ寝てた方がいいけど、猫達の世話もあるので少し起きている。

猫友達に、いただいた写真立て。
サークルくんの写真もプリントアウトしてくださいました。
c0017777_1363676.jpg


今日はサークルくんの月命日。
もう1ヶ月というか、まだ1ヶ月。

今はまだサークルくんの思い出話をする気持ちになれない。

家でもダンナとは全くサークルくんの話題は出ない。
ダンナはどうか知らないけど、私にとっては今は触れられたくない話なんだよなぁ。
後悔だらけで、気持ちの整理はまだまだつきそうにない。。

ひとり静かに偲びたい気持ちなのだ。

***

さっき、少しだけ玄米くんをケージの外に出してみた。
なぜか、ウーウーと唸りながら窓の外を見たりしている。(笑)

チョッちゃんとは特に喧嘩をしそうな雰囲気もない。
これからは私がいる時だけ、出してあげよう。

ケージに戻ってもらうときは、オヤツを使えば飛んで戻るのだ。
玄米くんってホント食いしん坊だわ。(^▽^;)

たくさんあげたのに、まだ欲しそうにする玄米くん
c0017777_1361261.jpg


う・頭がフラフラしてきたぞ。
そろそろ横にならねば。(^。^;)
[PR]
by yuzumelon | 2005-11-07 13:08 | サークル君

もう1週間

1週間前の1時間ほど前に、サークル君が亡くなりました。
あっという間だったけど、まだ実感がわきません。
今日はサークル君のことを偲びたいと思います。
[PR]
by yuzumelon | 2005-10-14 18:10 | サークル君

サークル君、荼毘に付されました

c0017777_16554016.jpg


今日は実家のホルへや、ジョイちゃんが眠る動物霊園に行ってきました。
昨日の大雨が嘘のように、快晴で心地よいお天気でした。

なぜか今朝、サークル君の目から涙が流れていました。
昨夜まではそういうことはなかったのに。
死後2日経っていると、そういう現象が起こるのかもしれませんが、よくわかりません。

あまりこういう写真は載せたくないんですが、自分のために・・・
c0017777_16571451.jpg


+++++

コメント欄やBBSに温かいメッセージをいただき、どうも有り難うございます<(_ _)>
もうちょっとしてからBBSも復活したいと思います。
[PR]
by yuzumelon | 2005-10-09 16:55 | サークル君

サークル君、天国に逝きました


c0017777_17155882.jpg


昨日の夕方、サークル君が亡くなりました。
午前中にお見舞いに行った時もかなり苦しそうで、緑色の液体を大量に吐いていたのでもしこの状態が続くなら、
家に連れて帰りますと先生には話をして、数日中には退院させるつもりでした。

夕方、先生からサークル君が発作を起こしてかなり悪い状態との連絡をもらい、迎えに行ったものの、間に合いませんでした。
午前中に連れて帰れば良かったと後悔したけれど、あの状態で車に乗せるのは無理だったかもしれません。

サークル君みたいに外の過酷な環境にいた子は、保護されただけ幸せだったという風に思われがちだけど(実際自分もよその猫ちゃんの時はそう思っていた)飼い主にとってはそんな簡単な話ではなく、外で苦労したからこそ元気で長生きして欲しいと願うのです。

いつか発症するのでは、と覚悟していたものの、まだ1歳半にも満たない若さで逝くにはあまりにも早すぎました…。
でも本当に苦しそうだったのであの状態が続いて長患いするよりは、早くラクになれて良かったのかもしれない。

元気な頃のサークル君(左上は保護当日の写真)
c0017777_17163620.jpg


応援いただいた皆様、本当に有難うございました。

c0017777_17321393.jpg

[PR]
by yuzumelon | 2005-10-08 17:18 | サークル君

サークル君再び入院

月曜日まではまあまあ食べていたものの、火曜日から急に食べなくなりグッタリしていたので昨日、病院で点滴を打ってもらった。

新たに撮ったレントゲンでは、腫瘍がかなり小さくなり心臓の形もしっかりとうつるようになっていた。
抗がん剤の効果はあったものの、副作用が出てきたので週一の抗がん剤は遅らせた方がいいという風になった。

抗がん剤の副作用のメカニズムを説明していただいたところ、抗がん剤は細胞分裂が激しいところに効くそう。
癌細胞はまさに細胞分裂が早く、よって抗がん剤が直接よく効く。

ところが、胃腸、骨髄、頭髪なども細胞分裂が早い。
よって、その部分に副作用が出てしまう。
(吐き気、抜け毛、貧血等の症状)

・・・ということだった。もっと色々な単語が出てきたんだけど、頭に入らなかった~汗

サークル君は、帰宅してからも具合が悪そうで何度も吐く。
最初は黄色の液体だったのが、緑色に・・・。
トイレにも行けず、一歩歩いたところで床にしてしまった。
昨日よりも一段と悪くなっている。

今日は休診日だったけれど、病院に電話をしたら先生が出られて症状を話しすぐ連れていった。

貧血はなさそうで、とりあえず静脈の点滴をするとのことで、針を入れそのまま入院室へ。

緑色の液体は胆汁だろうとのこと。
もしかして副作用だけではないかも。。。と。

明日また様子を見に行くつもりだけど、少しでも回復してますように。
[PR]
by yuzumelon | 2005-10-06 17:26 | サークル君

サークル君大冒険(車の中で)

サークル君の病院の日。
静脈に針を入れて固定し、まず血液を採り検査。

結果によっては、抗がん剤を打てないことがあるらしい。
幸い、サークル君の数値は大丈夫だった。

前回の血液検査では、カバ獣医が打った利尿剤のおかげで、すっかり血が濃くなってしまい、赤血球中の水分の割合が極端に低かった。(-"-;)
今日はその水分の数値も標準になっていた。

今日は2回目の抗がん剤。
あと、2回でワンクールが終わるのでその時にどれくらい腫瘍が小さくなっているか・・・。

サークル君、病院でも大人しく、グッタリとしていたのに、帰りの車の中でニャーニャー鳴いて暴れてると思ったら、なんとキャリーケースの入り口を開けて出てしまった。( ̄□||||!!

幹線道路を走っていたし、追い越し車線側にいたので車も止められない。
仕方ないので、そのまま走り続ける私。。。シートの上でトイレをしないでくれ~と祈りながら。(笑)

キャリーは助手席に乗せて、シートベルトで固定してたんだけど、まず助手席の下の方でうずくまる。

そして再び、ニャーニャーと鳴きながら、助手席を乗り越えて後方の席へ。

ちらっと振り返ると、床にいる。

また鳴き声が聞こえるので、信号待ちの時に振り返ると助手席の真後ろの席にすわっていた。

思わず携帯で写真を撮ってしまった。(^▽^;)
c0017777_2304442.jpg

       ★ くつろぐサークルくん(日当たりが良過ぎて光ってしまった) ★

やっと自宅に着いて、車の中でサークル君をキャリーに入れようと思ったらいない。
床にいるのかと身を乗り出して見たら、今度は運転席の真後ろの席ですわっていた。(^^;;

車の中でちょっとだけ冒険したサークル君でした。(^^)

***************

里子に出た猫ちゃん達の写真など近いうちにアップしようと思っていますのでお楽しみに~~。(^^ゞ
[PR]
by yuzumelon | 2005-09-30 23:15 | サークル君

サークル君、退院しました

c0017777_1552490.jpg

             ★ 帰宅後のサークル君 ★
 
今日はサークル君のお見舞いに行く予定で、ちょうど(?)プリンが膀胱炎になってしまったので一緒に連れて行こうと思って、一応病院に電話を入れた。
すると先生より「サークル君、だいぶ元気になったので連れて帰っていいよ」!!

もう少し入院かな、と思ってたのでびっくり。
あわてて、サークル君用のキャリーケースの準備をして病院へ。

息遣いも大分ラクになっているよう。
抗がん剤がよく効いたみたいで、投与前のレントゲンと、今日撮ったレントゲンを見ると確かに白い影が減っている。(肺に空気が入れる範囲が拡がった)

この調子で、腫瘍部分がドンドン小さくなりますように。

帰宅後のサークル君は興奮していて、ニャーニャーと鳴き、2階に上がったりしていたけど、やがて大人しくなって、横になっていた。

でも、大好きだったおやつの「きびなご」はしっかりと食べてくれた!
調子をくずした夜、全く見向きもしなかったことを思えば、少しは回復したんだと実感。
[PR]
by yuzumelon | 2005-09-26 15:45 | サークル君

抗がん剤治療

今日はサークル君の今後の治療方針等を聞いてきた。

入院室のサークル君は、今日は酸素室ではなく普通のケージにいたけれど、横たわって息遣いも苦しそうだった。
でも当初に比べると、ずいぶん表情もラクそうに見えた。

レントゲンを見せてもらったが、確かに胸水を抜いた後も白い部分が多い。
サークル君の場合は、胸腺型リンパ腫で抗がん剤が比較的よく効くということだったので、安心しながらも腫瘍部分がかなり大きいのでどこまで小さくなってくれるか、心配.。。

白血病陽性の猫ちゃんで、お腹に腫瘍が出来た子が治療中とのことで、レントゲンを見せていただいたんだけど、抗がん剤投与後3週間のを見ると腫瘍部分も見えなくなっていた。
サークル君もこれぐらい効いてくれるといいんだけど。

いまのところ、3種類の薬を使う予定。
今日からスタートしたけれど、もう1種類は検査結果が戻ってきてから投与が始まる。

週明けに様子を見に行く予定。

腫瘍が小さくなれば呼吸もラクになって通院という形がとれるのでなんとか良くなって欲しい。

ところでヤブのカバ獣医にもらった薬を先生に見ていただいたが、あまり意味がない・・・とのことでした。(やはり・・・)

それに注射もかえって、脱水症状を起こして血が濃くなってしまったのだ。

き~~。あのヤブ獣医め。
どの病院が知りたい方はメールください。HPをお教えします。

*****

前回サークル君を連れて行った時に、ライムちゃん&ノエルちゃんのワクチンもしてきた。
姉妹はすでに1kgを超えていた!

里親さんのお宅の先住猫ちゃんのことも心配なので、ノエルちゃん(元トコちゃん)が代表してFelV(白血病)の検査をしたら陰性だった。
恐らく他の姉妹たちもこれで大丈夫だろうとのこと。

c0017777_21462966.jpg

          ★ ライムちゃん(元クー) & ノエルちゃん(元トコ) ★             (クリックしてね 大きくなります )

お嫁入りは日曜日。
里親さん宅では新しいキャットタワーを購入してくださったそうです♪
きっとパステル姉妹は、喜んで遊ぶだろうなぁ・・・(*^^)

c0017777_2148246.jpg

              ★ ココアはいつも子猫を可愛がってくれる ★
[PR]
by yuzumelon | 2005-09-23 21:50 | サークル君

つづき(サークルくんのこと)

猫の病院までいつもバイパス(有料)を通って、そのまま一般道路を走っていたけれど、少しでも早く着けるよう、阪神高速を通ってみたらいつもより大分所要時間が短縮できた。
急いでる場合、これから高速を使おう。乗ってもすぐ降りるから割高だけど。

病院に着くまで、サークル君は途中わめいたりするので、益々呼吸困難に…。
ずっと声をかけながら走って、なんとか病院到着。

先生に昨夜からの症状を話すと、それで胸水は抜いてもらったの?と聞かれる。

毛を剃ってエコーをしたり、麻酔をかけて胸水を抜いて検査しないと駄目だと言われた等、昨夜のカバ獣医の診断を話した。

先生は、レントゲンを見たらすぐわかるからとすぐサークル君のレントゲンを撮り、その後は酸素の管をサークル君の鼻に向けて持っているように、と言われそうしていると、徐々に息がラクになってきたようで少し落ち着いた。

そしてレントゲンを見て、水が溜まっているから抜きましょう・・と。

もちろん麻酔無しで。

結局カバの言っていたことは全部デタラメ。

呼吸困難なら、まずそれを和らげるような処置をしてあげなければならない等、おっしゃっていたがあのカバはそんなことはこれっぽちも言ってなかった。
方法はないとまで言っていたぞ。

本当に獣医の資格を持っているんだろうか?
大きいビルだし、お金はかなり儲けているはず。
きっとあの自信満々のデタラメ診療で、ボロ儲けしているんだろう。
HPもしっかりあるのよね。
しかも24時間診療を目指してるなんて書いてるし。(`×´)

こんな病院が存在するなんて許せない。

でも結構カバみたいなヤブ獣医はいるんだよねぇ。
こんな病院に猫を連れて行ったら殺されるわ。(-"-;)
神戸市在住で猫を飼っておられる方、絶対あんな病院には行かないでください~!
名前を公開したいぃ~~~!

サークル君の胸にはかなりの水が溜まっていた。
抜いた後は、大分ラクそうにしていたものの、まだ普通に呼吸出来ない状態だったので酸素室に入れてもらいそのまま入院となった。

抜いた胸水を検査に出していただき、結果は週明けぐらいに戻ってくるけれど、恐らくリンパ腫だろうとのこと。

胸に出来たリンパ腫の場合、抗がん剤が結構効果が出るそう。
(カバは、もっと早い時期なら抗がん剤を投与できたけれど、遅すぎると言っていた)

その夜、先生から連絡があったので一瞬サークル君に何かがあったのかと思って一瞬ドキッとしたけれど違った。(´▽`) ホッ

胸水を抜いたあと、もう一度レントゲンを撮ったら腫瘍が見えたけれど思った以上に大きかったらしい。(>_<)
検査結果を待たずに、抗がん剤の治療を始めた方が良いとのことで、明日病院に話を聞きに行くことになった。

白血病の陽性で、しかも母子感染だったようなので発症の確立は高いと思っていたけれど、やはりまぬがれなかった。

まだ1歳と数ヶ月なので、少しでも長生きしてもらえるよう、頑張って治療させてあげたい。

もっと気をつけてあげれば良かったと、色々後悔はあるけれど今更立ち止まっていても仕方がないし、前向きに頑張らねば。

掲示板にも書きましたが、暫くの間掲示板はお休みさせていただきます。
メールもたくさんいただいてますが、お返事が全然出来ていません。
どうかご理解ください。決しておろそかにしているわけではないです。
[PR]
by yuzumelon | 2005-09-22 16:44 | サークル君



いつの間にやら23匹に増えたニャンコ達に仕える管理人の猫まみれな日々を綴ります。*猫と暮らしたいな、と思ってる方…世の中には不幸な子がたくさんいるので、そういう子達を是非引き取ってあげてね。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
main site
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧